スキルス性胃がんの原因

名字
メールアドレス

日本人の癌の死因の中でNo2なのが胃がんですが、胃がんは割と助かるケースが多い病気となりつつあります。ところが同じ胃がんでもスキルス性胃がんになると途端に死亡率がぐんと上がってしまいます。

理由はスキルス性胃がんというのが発見がしにくい進行性の癌であるという事が大きな理由となり、さらに同じ胃の癌なのに胃がんの発症の原因とは少し違った原因が挙げられている事も特徴的な病気であると言えるかもしれません。

まず普通の胃がんの原因の多くは味の濃い食事を好んだり、不摂生などをして暴飲暴食を繰り返したり乳製品を多くとったりとか色々な理由が挙げられるのですが、スキルス性胃がんというのは必ずしも胃がんと同じ原因で発病するものではないようです。

実はスキルス性胃がんというのは欧米などにはあまり報告の無い病気で、アジアに多く発病し特に日本人が大半を占めていることから、日本人特有の病気であるとも言えるかもしれませんね。主な原因は遺伝子の異常の見られる家系に多いと言われています。

遺伝子と大きく言うとわかりにくいのですが、遺伝子の中のカドヘリンと言われる細胞と細胞をくっつけている接着剤の役割を果たしている部分に異常がある家系に多いのではないか?という疑いがあるのだそうです。

もちろんこれだけが原因なわけがありません、当然ながら不摂生をしたり暴飲暴食や味の濃い食事なども良くはありませんし、タバコなどの有害物質を身体に入れるというのも大変密接な関係があるとも言われています。

いずれにしてもはっきりとしたコレといった原因がわかっているのではなく、あくまでもこうではないか?という疑いなどがあるというだけの事かもしれません。それでも原因となるものを排除するだけで発病率が下がるのであれば努力する価値はありますよね。

スキルス性胃がんに有効な方法は?
癌の食事療法を追求してたどりついた結果

太陽光