スキルス胃癌というのはどんな病気なのか?



有名人の方の中にはスキルス胃癌という胃癌を患っている方がいますよね。胃癌の中でも特に恐れられているこのスキルス胃癌というのは、いったいどんな胃癌なのでしょうか?普通の胃癌とは一体どこが違うから怖いのでしょうか?

一般的な胃癌もスキルス胃癌も初期症状に乏しいために早期発見をするのが難しいと言われています。ちなみに有名なお話ですがスキルス胃癌というのは通常の胃がんとは違って、胃に変化が見られない事が多いので、初期発見が難しいのです。

自覚することができる症状に乏しい事も手伝って、発見した時にはすでに手遅れの状態である事がとても多いのも事実です。またスキルス胃癌は一般的な胃癌とは違うので、検査をしても発見できないとなると、次の注目点としては体重の減少くらいしかありません。

スキルス胃癌は基本的に胃全体が硬くなってしまうため、それまで食べていた量では多すぎると感じたりするようです。そのため体重が減少するという症状が起こります。つまりスキルス胃癌の特徴的な症状としては、食欲が前よりもなくなった事と体重現象にあるのです。

また、腹膜播種を起こしやすいのも特徴で、もしも腹膜播種になってしまっていた場合には、手術もできないですし治療をしてもあまり治療効果を得られないのもスキルス胃癌の特徴だと言えるでしょう。定期的な検査を受けていても見逃しやすいので、セカンドオピニオン制度を利用するのもいいかもしれません。

スキルス性胃がんに有効な方法は?
癌の食事療法を追求してたどりついた結果

太陽光