スキルス性胃がんの初期症状は発見しづらい

名字
メールアドレス

普通の胃がんだと進行はそれほど速くはなく発見が早ければ完治も難しくはありません。ただ自覚症状が「胃の調子が悪い」程度なために見逃してしまう事はあったとしても発見された時は末期だったという事は稀だと言えるでしょう。

ところが「スキルス性胃がん」という病気は発見する事が難しく、進行が速く検査をしていても見逃してしまわれがちな事から、発見された時にはすでにステージが4になっているケースが非常に多い恐ろしい病気です。

どちらの「がん」も最初に訪れる初期症状というのは似たようなものなのですが、一般的な「胃の調子が悪い」という症状と似ているためにいちいち検査を受けに行く人が少ないために見逃しやすいという事が言えるのです。

ですがスキルス性胃がんは見つかった時に末期症状の事が多い事から、治療は壮絶を極める事が多くあるので出来れば早期発見を目指したいものです。これは患者さんもそうですが医師の立場からしても同じ事が言えるのです。

スキルス性胃がんを発病する患者さんは胃がんの患者さんの中のおよそ12%で、30代〜40代の女性の方に発症する事が多い病気でもあります。年齢的に考えてみても子育てなどが最も忙しい時期と重なっているので家族にとっても予防や検査は欠かせない事になります。

一般的な初期症状は次の通りになっているので出来るだけ早期発見が出来るように心掛けましょう。

・胃の痛み(食事前に特に痛む、食後は痛みが引く事が多い)

・胸やけがする(胃酸過多と勘違いしやすい)

・消化不良になる

・食欲不振

・以前よりも食べ物が食べられなくなった

・食べた後で胃が硬いと感じる

・みぞおちあたりが重く感じる

などが初期症状というか自覚症状となりますが、食べられなくなったという時はかなり進行している恐れがあるので出来るだけ早く医師へ相談してみると良いでしょう。

また、次の症状にも当てはまる事があるのでこれもあわせて注意して自己診断してみても良いかもしれません。

・みぞおちの痛み

・吐き気やおう吐をする

・吐血

・タール便

などがあるのですが、タール便や吐血はすでに末期の可能性も高いので(スキルス性胃がんの場合は)早めの検査をお勧めいたします。

スキルス性胃がんに有効な方法は?
癌の食事療法を追求してたどりついた結果

太陽光