スキルス性胃がんによる腹水

名字
メールアドレス

スキルス胃がんだけではなく他の癌でも腹水がたまる事は良くないしるしと言いますが、特にスキルス性胃がんの場合は発見した時にはすでに腹水がたまっている状態だったりする事も少なくないと聞きます。

これはこの癌がいかに悪性であるかという事と進行が異常に速いという事の裏付けのように思いますが、腹水がたまってしまったからと言ってすぐに命にかかわるという状況であるとは言えません。

でも早期発見する事が出来なかったという事を表している事になるので、今後の治療には気合いと根性が必要であるという事だけは確実だと思った方が良いと思います。そして根治する事は難しいという覚悟も必要になってきます。

なぜ腹水がたまってしまうのかについてですが、腹膜播腫(ふくまくはしゅ)を起こしているという事が第一の原因と考えられ、それと共に他の臓器やリンパ節や血管への転移がある可能性が非常に高いという事になります。

腹膜播腫はお腹の中に癌細胞がばらまかれた状態になって広がっている事を言うので、見たまんま体中に癌の転移の危険性があるという事を指しているわけですが、最近ではこの腹膜播腫への抗がん剤が登場しているので治療自体は良くなっていると言えます。

腹水がたまってしまうとお腹がぱんぱんな状態だったり手足がむくんでしまっていたりするので、通常であれば注射器などを使って腹水を取り除く方法がとられますが、根本的に腹膜播腫をどうにかしないといけないのでイタチごっこになる事は避けられません。

スキルス性胃がんに有効な方法は?
癌の食事療法を追求してたどりついた結果

太陽光