スキルス性胃がんは遺伝するのか?

名字
メールアドレス

よく「がん体質な家系」だとかいう言葉を聞いた事がありますが、がんって遺伝するものなの?と疑問に思う事ってありませんか?多くの患者さんを調べてみるとがんを患って亡くなっている人が身内に多いのは事実です。

では本当にがんという病気は遺伝が関係する病気なのでしょうか?多くの科学者はがんと遺伝は関係が無いと言っているようですが、実は多くの癌は遺伝ではなくて代々伝わる食生活によって引き起こされているのだそうです。

不思議な事なのですが、癌を発病しやすい家系というのは殆どが食事を作る時の味付けが濃い家庭で発病しやすいと言われていて、例えばそれまでは癌体質ではなかった家に癌体質の家系の女性が嫁いでくると癌が発病しやすくなると言います。

これは女性が食事を作るからなのですが、味の濃い家から嫁いできたお嫁さんの作る料理は当然味が濃い事になりますので、それだけ癌の発病の危険性はぐんと上がると言います。ではスキルス性胃がんも同じなのでしょうか?

実は確かに他のがんと同じで味の濃い食事は胃の粘膜を癌細胞にしやすくなるのは同じなのですが、このスキルス性胃がんだけは遺伝が関連している可能性が示唆されている病気である事がわかってきました。

CDH1遺伝子という遺伝子があるのですが、この遺伝子に異常がある家系に多く発病しているという報告があるそうなので、現在研究が進められているのだそうです。実はこのスキルス性胃がんというのは日本人にとても多い病気なのですね。

この遺伝子は一体どういうものなのでしょうか?実はこの遺伝子は胃のたんぱく質を作る遺伝子で、胃の内部が荒れたりして修復しようとした時に遺伝子が変異してしまう事があって、変異してしまうと正常なたんぱく質ではなく癌細胞を作ってしまうというのです。

そしてスキルス性胃がんを発病した患者さんの家族を調べてみると陽性である事が多い事もわかっていて、何故そのような変異を起こすのかは現在も研究が行われています。

スキルス性胃がんに有効な方法は?
癌の食事療法を追求してたどりついた結果

太陽光