抗がん剤は本当に効果があるのだろうか?



癌治療のために必ずと言っていいほど勧められるのが抗がん剤による治療です。この抗がん剤の治療をする事はすなわち寿命を縮める毒物だと考える方が多くなってきたのだそうです。

というのも抗がん剤を使わないで治療をしている人の方がより人間らしい生き方をしているのもありますし、癌患者さんの状態を見てもそう思うのも無理はないと思います。

抗がん剤はどういう薬なのかを知れば知るほどその恐ろしさがわかると思います。例えば抗がん剤という薬の成分によって、癌細胞が死滅するというのですから恐ろしくないわけがありません。

抗がん剤の投与をする事によって健康な細胞までが攻撃を受けてしまうので、結果的に体全体を弱らしてしまう事になってしまうのです。これが毒ではなくてなんでしょうか?

実際に癌の治療をした事がある人ならばその苦しい副作用についても知っているはずです。それでも病院では抗がん剤の治療を勧めてくるのです。

確かに医者としても癌の患者さんを助けてあげたいと思うのかもしれませんが、癌を治すための確実な方法が見つかるまでの実験台になったとしか思えないようになってくるのも事実として受け止めなくてはなりません。

抗がん剤の治療で何が一番辛いのかというと、患者さんを見ている家族の辛さといったら他に例えようがありません。

変わってあげたくても変われないし、抗がん剤をやめる事は家族を見殺しにしてしまうことなのではないかと考えてしまったりもするのです。中には元医師が抗がん剤の治療は拒否して長生きしているという話も耳にします。本当に抗がん剤はガンの治療の最先端なのか疑問に感じてしまいます。

スキルス性胃がんに有効な方法は?
癌の食事療法を追求してたどりついた結果

太陽光