スキルス性胃がんの生存率

名字
メールアドレス

癌などの病気を患って手術などをすると耳にするのが「5年生存率」という言葉だと思うのですが、他の癌とは違ってスキルス性胃がんという病気は発見が難しく進行速度が速く転移する確率も高いと言われています。

生存率についてですが5年生存率というのは手術をしてから5年経過した時に生存しているパーセンテージの事を言いますが、この生存率は発見した時のステージによって違ってくるものなのでまずは自分のステージを知る事から始めます。

例えば初期の癌であった場合だと手術をしてから5年経過した時の生存率は1Aで95%(約)1Bで87%(約)と大変高い数字が出ている事がわかりますが、胃がんの進行が進んでいくごとに生存率は低くなっていきます。

ステージが2だった場合は68%(約)3Aだったら50%(約)3Bだと30%(約)となり、そして最後のステージである4になると6%〜16%(約)となりかなり低い生存率になってしまいます。ちなみにステージ4になると末期がんと言われる事になります。

これらの数字を見てわかるように早期発見をする事が出来ればかなり生存率は高くなります、ですが発見が遅かったとしても治療が確実に患者さんに合っていれば癌細胞を小さくする事は可能となりますので、たとえステージが4であったとしても決してあきらめない事です。

余命宣告をされた癌患者さんでも食べ物に気をつけてさらに治療を続ければ完治とまではいかなくても癌を小さくしたりする事は可能なのです。問題はどうせ死ぬのだからと暴飲暴食をしたりする事なので、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

スキルス性胃がんに有効な方法は?
癌の食事療法を追求してたどりついた結果

太陽光