スキルス性胃がんの進行は速い

名字
メールアドレス

他の癌と比べるとスキルス性胃がんというのは進行がとても速いと言われていますが、どうしてそんなに進行が速いのでしょうか?スキルス性胃がんは胃がんとは違うのでしょうか?

実はスキルス性胃がんというのは胃の粘膜層で発病するところまでは胃がんと同じなのですが、胃の粘膜層を浸食していく胃がんと違い胃壁の内側の部分を浸潤(しんじゅん)していく病気なのです。

このような進行の仕方をするために胃壁の表面にはほとんど変化が出ないという事になります。この時に検査を受けたとしても発見をする事は大変難しく早期発見をする事が出来ない事が多いという事になるのです。

では発見された時に手遅れの状態である事が多いのは一体どうしてなのでしょうか?その患者さんは胃の調子が悪いと言って検査を受けてから、どのくらい長い間放置していたから進行してしまったのだと思いますか?

実はほんの数カ月しか経っていない事が大変多く、「どうしてこの間の検査の時には何も変化がなかったのか?」と疑問に思う人がとても多いのです。これはスキルス性胃がんの最大の特徴で他の胃がんよりも発病してからの胃の収縮までの時間が短いという事が原因です。

また、スキルス性胃がんというのは胃壁に変化が出ている頃には腹膜播腫(ふくまくはしゅ)になっている事が多いことから、手術が大変困難であったり手術をやめてしまったりする事も多いのです。

これらの事をふまえて考えるとスキルス性胃がんというのは進行がとても速いと言われてしまうのは仕方がない事なのだと言えます。

スキルス性胃がんに有効な方法は?
癌の食事療法を追求してたどりついた結果

太陽光