スキルス性胃癌で行われる検査

名字
メールアドレス

スキルス性胃癌は一般的な検査では発見がしにくいと言われています。その理由がどうしてなのかご存知でしょうか?実は初期の段階のスキルス性胃癌は、胃壁などに変化が起きにくいために、スキルス性胃癌の可能性を疑われず放置されやすいのです。なので初期の段階で発見するためには内視鏡などの一般的な胃癌の検査は効果がない可能性があります。

では初期の段階で発見するためにはどのような検査を受ければ良いのでしょうか?最も効果があると言われている検査は、胃癌の検査であるX線を使った検査だと言われているようです。もちろん内視鏡の検査でもスキルス性胃癌を多く治療している医師であれば、それがスキルス性胃癌の可能性があるという事に気づくはずです。でも確実に発見をするためには専用の検査を受けた方が良いでしょう。

特にX線を使った検査ではバリウムを使って検査をしますが、実はスキルス性胃癌の場合はこのバリウムのおかげで早期発見が可能であると言われているのです。スキルス性胃癌の特徴である胃が硬くなる症状が出ていると、バリウムがそこに入り込むために健康的な胃とは違った映像を写すことができるのだそうです。バリウムを飲む検査は苦手かもしれませんが、早期発見ができるのでお勧めです。

スキルス性胃癌だけではなく全ての癌で行う血液検査によって癌かそうでないかを知る腫瘍マーカーを行うものもあるようですが、どちらかというと治療効果を調べるための検査として利用する事が多いようですね。とにかくスキルス性胃癌を発見するための検査は、画像検査を行うのが一番良いと言われているようです。初期の段階では発見が難しいと言われているので、できれば定期的に検査を受けた方が良いでしょう。

その時に胃癌の検査というのも良いかもしれませんが、できればスキルス性胃癌の検査を受けたいとはっきりと言った方が良いかもしれません。

スキルス性胃がんに有効な方法は?
癌の食事療法を追求してたどりついた結果

太陽光