スキルス性胃がんの症状の特徴

名字
メールアドレス

進行性の胃がんであるスキルス性胃がんはとても怖い癌の一つとされ、現在でも治療が難しいために恐れられている病気でもあります。スキルス性胃がんとはどういう癌の事を言うのかご存じでしょうか?

スキルス性胃がんというのは胃がんの一種ですが、普通の胃がんの健診をしたとしても発見されにくい種類の癌で、発見された時には病状がかなり進行している事が多いため、多くの患者さんが治療をする事も出来ずに余命宣告される事もある病気です。

通常だと早期発見をすれば助かる可能性がとても高いと言われていますが、実はスキルス性胃がんというのも早期発見する事が出来れば大がかりな治療をする事もないので助かるかる確率も高くなりそうですが実は発見するのが大変難しい病気なのです。

癌健診を受けていれば発見出来るのではないか?と思われるかもしれませんが、スキルス性胃がんという病気は癌健診を受けていても中々早期に発見する事が難しいのです。例えばそれが胃がんの名医であってもです。

なぜか?実はスキルス性胃がんというのは胃壁にあまり症状が出ない病気なのです。癌というとあちらこちらがボコボコとして出血して、などと思われそうですが一見すると健康な胃袋にしか見えないので(早期の場合)発見が遅れてしまうのです。

ではスキルス性胃がんには症状というものは無いのでしょうか?病気というからには症状が無いわけがありません。当然ですがスキルス性胃がんにも自覚症状というものがちゃんとにある事がわかっているのです。

ただ、後から考えるとあれがその症状だったのかもしれない、という感じの症状である事が多いのでそれをスキルス性胃がんだと思う事が少ないという事になるわけです。つまり思ったような症状ではないという事になります。

例えば「胃がむかむかする」「胸やけがする」「吐き気がする」「胃が痛い」などが主な症状ですが、これは食べ過ぎたり飲み過ぎたりする事でも起こる症状です。これでいちいち検査に行く人はいませんよね。

なので、特にこの症状が出たら疑って欲しいのは「いつもよりも食べられない」とか「タール便が出た」とか「吐血した」とかの症状の時にはすぐさま病院で検査をしてください。

スキルス性胃がんに有効な方法は?
癌の食事療法を追求してたどりついた結果

太陽光