スキルス性胃がんの余命・寿命の実際

名字
メールアドレス

多くの有名人の方々がスキルス性胃がんと闘った末命を落としています。気付かれている方もいるかと思いますが、スキルス性胃がんと診断された患者さんというのはとても早く亡くなってしまう事が多い病気です。

なぜこのような事が起こるのかというと、この病気は普通の胃がんとは違って進行する速度はとても速いのですが、発見する事がとても難しいために検査で見逃してしまう事があるというのが一つ目の恐ろしい点です。

さらに自覚症状というものがあるにはあるのですが、ただ単に胃の調子が悪いのかな?程度にしか感じない事が多い事から、患者さん自身もわざわざ胃がんの検査をするという事まで考えが到達しないというのが二つ目の恐ろしい点です。

そして少しずつ進行していき「これはさすがにおかしい」と思って検査をすると、スキルス性胃がんであるという事がわかるケースが多いのですが、この時はすでにかなり進行している事が多くあるために治療が出来ない事もあるようです。

一般的にスキルス性胃がんと診断された人の余命は癌の進行度によって違うようですが、ステージが4の場合だと大体が3か月〜6カ月くらいが多いようです。

ただ、余命宣告をされたからと言ってその間に寿命が尽きてしまうと言う事ではありません、余命宣告があったとしても治療はするのが前提なので、その余命宣告よりもずっと長く生きて病と闘う人も多くいます。

あくまでも「このまま放置していれば」という意味での余命宣告ですので、自分の寿命を延ばすも縮めるも患者さんの気力と治療次第という事になるのかもしれません。

スキルス性胃がんに有効な方法は?
癌の食事療法を追求してたどりついた結果

太陽光